何気に「スポーツ王国」群馬県について語りましょう!14
1:がんばろう日本人!(2011/09/13(火) 20:19:44 ID:YI38WCkQ)
PART14です。

前スレ http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/kanto/1302773275/

300:利根っこ(2012/04/06(金) 11:41:10 ID:RO/Q1xDg)
part15へ。
299:利根っこ(2012/04/06(金) 02:08:54 ID:MIa33Tsw)
もうすぐ300だ。
298:利根っこ(2012/04/05(木) 17:30:20 ID:zu8CFy2w)
日本ハムは試合前にランドセルカバーの贈呈セレモニーを行った。地域まちづくりの一環で、安全な登下校ができるよう4月から小学校に通う新1年生に無償配布する。セレモニーには栗山英樹監督(50)と斎藤佑樹投手(23)が登場。球団マスコット・B☆Bのキャラクター入りの黄色いカバーを小学生に手渡した。今年と来年の2年間で札幌市内の212校に配布予定で、今年は101校、約7000人の新入学生に贈呈される
297:利根っこ(2012/04/04(水) 08:49:02 ID:Raa3UW9Q)
佑ちゃんが真のエースとなるために“邪念”を封印!? 3月30日西武戦(札幌ドーム)で開幕投手を務めプロ初の完投勝利を挙げた日本ハム斎藤佑樹投手(23)が、次回先発予定の6日ロッテ戦(QVCマリン)へ向けて投球に全神経を集中する。当日は、かつて佑ちゃんへ好印象を口にした女優長沢まさみ(24)が始球式を務める。人気女優の登場にも興味は示さず、2戦連続の快投を誓った。“邪念”を封印し、打者との勝負だけに集中する。開幕戦で、強打の西武相手に4安打1失点でプロ初完投勝利をマークした佑ちゃん。興奮さめやらぬ周囲をよそに、本人はいたってクールだった。2日は完全休養日で、斎藤も次回先発予定の6日ロッテ戦に備えた。実はこの試合、女優の長沢まさみが始球式に登場し、ロッテの本拠地開幕戦に花を添える予定。長沢といえば、斎藤が“ハンカチ王子”としてブレークした6年前、CMの記者発表会で「斎藤投手はすごく好き」と発言。その後も、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「ハンカチ王子という人が大好きで…」と、斎藤のファンであることを公言していた。以前、好意を寄せてくれてい相手と同じマウンドに立つことになった佑ちゃん。さぞかし、気になるかと思いきや「昔、そういう発言があったことは知っていますが…、そんなこと考えている余裕はないでしょ」と一笑に付した。ロッテ戦では2戦連続の完投勝利という期待もかかる。前エースのダルビッシュ(レンジャーズ)からもツイッターで「7〜10完投」を要求されたが「完投はずっとしたいと思っていたけど、まずは規定投球回を投げることが目標。1イニングずつという感じで投げていきたい」と、足元を見つめた発言。開幕戦同様、立ち上がりから全力投球で敵をねじ伏せに行くことに集中する。開幕投手を務めたことで、順番通りなら今後も相手エースとの対戦が続く。不利な状況に変わりはないが「プレッシャーをひとつプラスできる」と、前向きにとらえているところが斎藤らしい。“持ってる”を卒業した背番号18は、1歩ずつエースへの階段を上がっていく。
296:利根っこ(2012/04/03(火) 01:12:48 ID:t81ChFtA)
張本勲氏が佑ちゃんに「あっぱれ!」。1日のTBS系テレビ「サンデーモーニング」で、3月30日の開幕戦で1失点完投勝利を挙げた日本ハム斎藤佑樹投手を絶賛した。「あっぱれ! だ〜れが、完投すると思いました? いいボールを投げていました」。ゲストの吉村禎章氏(元巨人)は「栗山監督にあっぱれ! 斎藤に『キミがこれからチームを背負っていくんだよ』ということを示した」と話した。
295:利根っこ(2012/04/02(月) 13:27:08 ID:Wg0/tl1Q)
日本ハムの斎藤佑樹投手(23)が31日、自身の“不思議な力”を分析した。前日30日の開幕戦でプロ初完投勝利。高校、大学時代と舞台が大きくなればなるほど、勝負強さを発揮してきた。秘訣(ひけつ)は、本番を迎える前のイメージトレーニングに隠されているようだ。「具体的に、いいイメージを思い浮かべます。昨日(30日)は3−0で7回までいって、その後、増井さん、(武田)久さんにつなぐというイメージでした。ヤマ場は1度。二塁打を打たれるというもの」。ピンチの場面も盛り込んだ詳細なイメトレで、大一番に備えた。大役を終えて「気持ちが楽になった」と、ほっとした表情。「オープン戦では考えることが多かったけど、シーズンに入って(打者との対戦に)集中することが出来ている。メンタル面で変わりましたね」と心境の変化を口にした。
294:利根っこ(2012/04/01(日) 22:03:11 ID:zvc4cS8w)
第84回センバツで県勢34年ぶりの4強入りを果たすなど躍進を続ける健大高崎。三塁コーチャーの斎藤義弘選手(3年)が「機動力野球」を支える。俊足ぞろいの選手に的確な指示を送り、チームを勢いづける。

 昨秋の関東大会までは外野手のレギュラーだったが、打撃の調子が上がらず、控えに。大阪入り後に三塁コーチャーを任された。機動力野球の司令塔。試合の流れを左右する責任の重さに、当初は不安しかなかった。それでも仲間から「お前の判断なら信用できる」と声をかけられて覚悟ができた。

 1回戦の天理戦。試合前の相手のノックを食い入るように見つめて、一人一人の特徴を目に焼き付けた。同点で迎えた七回、秋山浩佑選手(同)の左中間二塁打に、「レフトは肩が弱いから絶対行ける」と、迷わず手を振り回して一塁走者の小林良太郎選手(同)をホームに突っ込ませ、勝ち越しの1点を挙げた。「お前のおかげで勝てたよ」。小林選手の一言に、充実感がこみ上げてきた。

 あこがれの甲子園の舞台。選手としてグラウンドに立ちたい気持ちもあるが、今は「チームの勝利のために自分の役割を果たすだけ」と割り切っている。準決勝の大阪桐蔭戦に向け、「行けると思ったら迷わず走らせる。健大らしくどんどん足を使って、相手を翻弄(ほんろう)したい」と自信を見せる。
293:利根っこ(2012/03/31(土) 13:44:10 ID:s2krwi0w)


 初出場した昨夏の甲子園では機動力で1勝を挙げたが、パワー不足を痛感した。冬場は機動力と破壊力を合わせた造語「機動破壊」をスローガンに朝、昼、晩に分けて1日3000スイングをこなした。「最初は腕がパンパンになったけど、どんどんバットを重くした。打球の飛距離が伸びた」と長坂は振り返った。

 記録員の柴山が「漢(おとこ)とは長坂のこと」と言うほどの頼りになる主将は「目標は全国制覇。明日から切り替えたい」と、4強入りにも気合を入れ直した。
292:利根っこ(2012/03/31(土) 09:30:10 ID:F/f8nKMg)
健大やるな。
次勝てばひょっとするかも。

裕ちゃんもやるねw。
291:利根っこ(2012/03/30(金) 23:22:28 ID:0QrKGTBg)
第18回熊谷市高校女子サッカー大会「めぬまカップ2012」(埼玉県熊谷市・日本サッカー協会など主催、毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社など後援)は最終日の29日、同市内で順位別トーナメント戦計24試合があり、参加した全48チームの順位が決まった。

 決勝は常盤木学園(宮城)が十文字(東京)を5−3で降し、2大会連続5回目の優勝を果たした。3位は鳳凰(鹿児島)に決まった。得点王に10得点を決めた荒谷香帆選手(健大高崎)が選ばれた。
i-mobile
290:利根っこ(2012/03/30(金) 17:25:53 ID:aZVfBdjQ)
おっ! 健大高崎が初出場で4強
何気にすごいやん
289:利根っこ(2012/03/30(金) 16:49:33 ID:oFz8cE/A)
2年目で初の開幕投手を任された日本ハム斎藤佑樹投手(23)が、尊敬する米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(38)の活躍に刺激を受けた。29日、札幌ドームでキャッチボールやダッシュなどを行い、本番前の調整を完了。今日30日の西武戦(札幌ドーム)で先発マウンドに立つ。「体と心の準備はしてきました」と準備は万端。いよいよ、新たなシーズンの幕が開く。本番を翌日に控え、斎藤に本来の笑顔が戻ってきた。全体練習のためグラウンドに現れると「緊張は前から高まっていて、ずっとそのままです」と身ぶり手ぶりで心境を説明した。「緊張感もあるけど(本番が近づくにつれ)楽しみという気持ちも増えてきました」。ここ数日と比べ、表情はどこか明るかった。前日28日のメジャー開幕戦をテレビ観戦した。「めちゃくちゃ刺激を受けましたよ。ああいう舞台で活躍できるのは、さすがです。何かの縁で同じマネジメント会社でやらせてもらっているので、自分も後を追って、開幕戦でいいピッチングを見せたいですね」。オフは合同自主トレを行った。大舞台に強く、周囲の期待を裏切らない。そんな姿に憧れ、尊敬している。イチローの後を追うべく、準備は整えてきた。西武各打者のイメージも出来ている。「中島さんには、いいイメージがない。抑え方がすごく難しい選手。西武打線はプロとして経験を積んでいる人がたくさんいるので、とにかく挑戦していく気持ち」と昨季3戦2勝も警戒心は緩めない。斎藤を開幕投手に指名した栗山監督はこの日夜、生出演したテレビ番組内で「斎藤には今年1勝も出来ないかもしれないよと言った」と明かした。開幕戦で投げれば、その後も他球団のエースとぶつかり続ける。その覚悟を問う厳しい言葉の一方で、「それも越えてくれると思っている」と期待した。いばらの道は斎藤も十分に承知。早実時代は夏の甲子園37年ぶりの決勝再試合、早大時代は50年ぶりとなる早慶での優勝決定戦と、球史を刻むマウンドに立ってきた財産がある。「プロ野球の開幕投手には重大な責任がある。大役をいただいたからには、覚悟を持って今年1年やっていこうと思います。言い訳をつくらないよう、一生懸命やりたい」。今年を「勝負の年」と位置づけた背番号18の戦いが、始まる。
288:利根っこ(2012/03/28(水) 20:41:53 ID:wwsF/m+A)
第18回熊谷市高校女子サッカー大会「めぬまカップ2012」(埼玉県熊谷市・日本サッカー協会など主催、毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社など後援)は27日、同市内で予選リーグ(2日目)60試合が行われた。全48チームを8組に分けた各組内での順位が決まり、県勢は、健大高崎2位▽太田女子4位▽太田市商5位▽桐生女子6位。28日は順位別トーナメント戦計48試合がある。
287:利根っこ(2012/03/28(水) 11:49:04 ID:0vfBkCQg)
佑の術中にはハマらない。30日の開幕戦で日本ハムと対戦する西武渡辺久信監督(46)が27日、先発予定の斎藤を警戒した。昨季は3度の対戦で1度も勝てず「塁は埋めるんだけど、あと1本が出なかった。やっぱり何かを“持ってる”よ」と、実力を認め「序盤のチャンスで打っていかないと」と、斎藤のペースに引き込まれる前に一気に打ち崩す展開をイメージした。土井ヘッドコーチは、のらりくらりとかわされた昨季を振り返り「あまり怖さはないが、何となく抑えられた」と詰めの甘さを反省した。開幕戦は独特の緊張感があり、経験豊富な投手でも立ち上がりに苦しむことが多い。斎藤も初めて体験する雰囲気に慣れるまでに時間がかかるはず。同コーチも渡辺監督と同様に「やはり最初のチャンスだね。ランナーを出してからのバッティングでしょう。孝行息子が出てきてくれれば」と、序盤に主導権を握ることをポイントに挙げた。リーグ屈指の強力打線が、初回から目の色を変えて斎藤に襲いかかる。昨年9打数6安打と相性の良かった中島は「(斎藤に対して)いいイメージはない。たまたまヒットになったんでしょう」と、慢心を捨てて難敵に挑む構え。中村も「斎藤はいい投手。大崩れしないし球も低めに来る。幸いにも(敵地で迎える)開幕戦は表の攻撃。初回に点を取れればうちのリズムになる」と、1打席目から勝負をかける意気込みを示した。
286:利根っこ(2012/03/27(火) 20:58:34 ID:xH4EFOGg)
富士重工業の陸上競技部と硬式野球部の選手が子どもにスポーツの楽しさを教える「ふれあい教室」が25日、太田市長手町のぐんまこどもの国で開かれた。約200人がミニ駅伝競走や野球を通じて、全国区のトップアスリートと交流した。

 県内を拠点に活動するトップ選手からスポーツの魅力を学んでもらおうと、県児童健全育成事業団が初めて開催。両部の38人が指導に当たった。

 「こうした教室の講師を務めるのは初めて」(奥谷亘監督)という陸上部からは、選手やスタッフ計7人が参加し、本格的なストレッチや走り方の基礎を教えた。

 参加者と講師陣を9人1チームに分けて行ったミニ駅伝では、ことしのニューイヤー駅伝で使った紫色のたすきが登場。子どもたちは興味津々の様子で手に取っていた。

 駅伝を走り終えた太田旭小5年の梅沢月さん(11)は、「選手は足が速くて、優しかった。指導も分かりやすくて勉強になった」と息を弾ませた。陸上部の山崎敦史さん(25)は「子どもに教えるのは新鮮。これからも走るのを好きでいてくれたらうれしい」と目を細めた。

 走った後には豚汁が振る舞われ、参加者と選手が一緒に味わった。子どもたちはサインや握手をねだったり、記念撮影を頼んだりと、交流を楽しんでいた。
285:利根っこ(2012/03/27(火) 13:54:21 ID:2nMLiCLA)
日本ハムのルーキー大嶋匠捕手(22=早大ソフトボール部)が、同期生から刺激を受けた。26日、都内の早大・戸山キャンパスで行われた卒業式に出席。自身は選ばれなかったが、優れた成果を挙げた学生に授与される「小野梓記念賞」を受けた同期生を見て「それぞれの種目ですごいやつらばかりで、いつも刺激を受けていた。今はファームですけど、必ず1軍に上がって、みんなに刺激を与えられたら」と決意を新たにした。
284:利根っこ(2012/03/26(月) 19:35:09 ID:nbHbIOUQ)
第84回選抜高校野球大会第4日は25日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦4試合を行った。前日降雨ノーゲームとなった高崎は第4試合で近江(滋賀)と対戦。31年ぶり2度目の大舞台で粘り強く戦ったものの2−7で敗れた。1898年創部以来の甲子園1勝を逃し、同時出場の健大高崎に続く初戦突破はならなかったが、積極的な打撃や最後まであきらめないタカタカらしい爽やかなプレーがスタンドを沸かせた。

 高崎は初回、金子裕紀選手の左線二塁打で幸先よく先制した。近江に逆転を許して迎えた四回、この日4打数4安打と活躍した倉金宏輔選手の適時二塁打で2−2の同点とした。

 直後の四回裏、エースの島田智史投手がつかまり、2番、3番、4番の連続適時打などで一挙4点を献上。変化球主体に切り替えた相手投手を五回以降は打ち崩せず、自慢の集中打も封じられ無得点に終わった。

 最終回は三振振り逃げなどで1死一、三塁とし、「逆転の高崎」への期待から最後まで目の離せない試合をみせた。守備でもファウルボールを追い掛け、カメラマン席に飛び込むなど気迫あふれるプレーをみせた。

 2日続けて順延となり、スケジュール調整が難しい日程の中、アルプススタンドはこの日も生徒やOBらで熱気十分だった。待望の1勝を信じて最後まで声援を送ったが実らなかった。

 県勢の2校同時出場は今回が3度目。桐生と前橋が出場した1978年は両校が初戦を突破し、2009年の前橋商と高崎商はともに初戦で敗れている。

 22日に初戦を突破した健大高崎は大会第7日第1試合(28日午前9時開始予定)で神村学園(鹿児島)と2回戦を行う。
283:利根っこ(2012/03/26(月) 14:32:34 ID:TvLfndtw)
開幕投手を務める日本ハム斎藤佑樹投手(23)が率直な心境を吐露した。開幕まで、あと5日と迫った25日、現在の緊張感を問われ「ちょっとずつではなく、MAXです」と、早くも気持ちが高ぶっていることを明かした。試合前練習ではブルペン入りし、65球を投げ込んだ。「まだまだ試合までに修正する部分がある感じです」。登板2日前となる28日に最後の投球練習を行い、自身初の大役へ向かう。
282:利根っこ(2012/03/25(日) 20:19:45 ID:/cQcxFWg)
第84回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)第3日の24日、高崎は第3試合で近江(滋賀)との初戦に臨んだが、0−0の同点で迎えた三回途中に雨が激しくなり、ノーゲームになった。再試合は25日の第4試合(午後4時開始予定)。選手たちは、2日連続の雨天延期にも「甲子園初勝利のために全力を尽くすだけ」と気持ちを切り替えた。

 この日の阪神甲子園球場は、雨脚が時折強くなり、ぬかるんだグラウンドに選手たちは足をとられ、ユニホームは瞬く間に泥にまみれた。

 高崎の応援団約4000人が集まった三塁側のアルプススタンドは、試合前から同高の生徒やOBが肩を組んで応援歌を熱唱し盛り上がった。高崎は三回まで、全て3者凡退に倒れたが、初球から迷わずフルスイングする積極的な攻撃にスタンドからは「ナイスバッティング!」と大声援が響いた。

 先発の島田智史投手(3年)は、雨の影響もあり二回までに被安打2、与四球1とやや不安定な立ち上がりながら、バックの好守備にも助けられ無失点で切り抜けた。

 三回裏の近江の攻撃時、雨脚が強まったため試合が中断。午後3時46分、ノーゲームが告げられた。野球部OBの橋谷龍さん(18)は「良いグラウンド状態でベストの力を出してほしかったので、再試合になって良かった。仕切り直して、甲子園初勝利を目指してほしい」と話していた。

 ノーゲーム後、境原尚樹監督は「経験の多い近江に対抗するためにも今日の三回は有意義だった。選手は力を出し切ってくれると期待している」。金子裕紀主将(3年)は「前日の雨天順延に続いて日程が延びたことで逆に気持ちが落ち着いた。コンディションは良くなっているので、雨が有利に働くと思う」と話した。島田投手は「雨の影響もあり制球が少し乱れた。直球のキレは良かったので自信を持ってマウンドに立ちたい」と語った。
281:利根っこ(2012/03/24(土) 14:49:55 ID:Sfn5aFgg)
第84回選抜高校野球大会第2日は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦3試合を行い、第2試合で天理(奈良)と対戦した初出場の健大高崎は持ち味の機動力野球を存分に発揮して終盤に大量得点を挙げ、9−3で勝った。昨夏に続いての初戦突破。県勢は第68回大会(1996年)から11校連続で初戦敗退が続いており、前橋工が8強に進出した第67回大会以来となる17年ぶりのセンバツ勝利となった。

 先攻の健大高崎は二回、無死一、三塁から神戸和貴選手(3年)の遊ゴロ併殺の間に1点を先制。五回に2失点して逆転されたが、六回に内田遼汰選手(同)の中前適時打で同点とし、七回には秋山浩佑選手(同)の左中間適時二塁打で勝ち越し、さらに相手守備の乱れに乗じて2点を加えた。長坂拳弥主将(同)の内野安打などで3点を奪った。九回にも打者8人の猛攻で4点を追加した。

 先発の三木敬太投手(同)は低めを丁寧に突き、打たせて取る投球で天理打線を3失点に抑えて完投した。

 健大高崎の2回戦は第7日第1試合(27日午前9時開始予定)で、神村学園(鹿児島)と対戦する。

 第3日の23日も1回戦3試合を行い、第3試合(午後2時開始予定)では31年ぶり2度目の高崎が悲願の甲子園初勝利を目指し、近江(滋賀)と対戦する。

□次のページ(9)
□最後のページ(7)
□書きこむ(8)
□トップページ(0)