館山市のゴミ行政を考えるスレ
1:利根っこ(2013/02/07(木) 18:17:42 ID:MCyyj95A)
今、館山市では、資源ゴミ(ペットボトル)と入札が問題視されております。
皆さんで考えてみてください。

192:がんばろう日本人!(2016/10/11(火) 20:17:02 ID:aHUSwq3A)
>>183
館山市の行政を考えるスレ、として語りましょう
191:がんばろう日本人!(2016/07/18(月) 02:38:29 ID:AipcmEJQ)
森田健作知事はゴミ行政どうするの
190:利根っこ(2015/11/25(水) 07:26:10 ID:D2MrIOzw)
k
189:利根っこ(2015/11/02(月) 15:58:52 ID:j6XatHng)
糞スレ
188:利根っこ(2015/05/01(金) 15:24:47 ID:m/B1X8Zw)
白色トレイの分別がなくなりました。
187:利根っこ(2014/12/25(木) 14:57:06 ID:Rik6aA4w)
白色トレイはどう分類するの?
186:利根っこ(2014/12/12(金) 18:19:24 ID:ai046F2g)
衆院選あげ
185:利根っこ(2014/11/30(日) 01:15:58 ID:Vpr6AyxQ)
さあーみんなで考えようー
184:利根っこ(2014/11/18(火) 11:26:00 ID:1sJgXCYQ)
どうでしょう
183:利根っこ(2014/10/04(土) 00:03:46 ID:TpgUTzrA)
館山市の行政全般についてはどうですか?
i-mobile
182:利根っこ(2014/09/15(月) 01:56:35 ID:vMUkzc1w)
ピンポイントすぐる
181:利根っこ(2014/04/07(月) 22:07:18 ID:Nk2OEcnQ)
本スレまだ寄生虫だ
180:うっちゃる(うっちゃる)
うっちゃる
179:うっちゃる(うっちゃる)
うっちゃる
178:利根っこ(2013/07/17(水) 19:23:20 ID:hvYZfaAg)
館山市はたたかれますね。

1.自殺問題
2.ペットボトル問題
3.残土問題
4.市役所職員の駅での顔パス口論
5.ジェットスキーのマナー違反の問題

下記のスレご参考に。

☆★☆千葉県館山市スレ62☆★☆
http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/kanto/1372209149/
177:利根っこ(2013/07/04(木) 23:50:28 ID:O49qOLUw)
損害の返還求め市民が住民訴訟 館山市ペットボトル問題

館山市のペットボトル処理をめぐる問題で、市民2人が2日、違法な随意契約により市が損害を被った
として同市の金丸謙一市長と事業者を相手取り、約1985万円を市に返還することなどを求める
住民訴訟を千葉地裁に起こした。

訴訟を起こしたのは元市議で無職の神田守隆さん(64)ら。
今年4月8日、昨年度のペットボトル処理業務委託に関して「随意契約ができる場合に該当せず、
契約額が不当に高額」と同市監査委員に監査請求を行ったが、先月7日に棄却されていた。

訴状によると、金丸市長は2012年度、ペットボトル処理などで高額の契約を結び、適正価格との差額
約1853万円の損害を市に与えた。また、事業者は収集したペットボトル約25トン分の処理が不明で、
容器リサイクル協会から受け取るはずだった132万円の損害を市に与えたとされる。

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/144886
176:fop(2013/07/03(水) 16:37:07 ID:TxSci0pA)
本日の朝日新聞に「館山ペットボトル処理委託費返還求め住民二人が提訴」の記事が
出ていた。
館山市の2012年度分のペットボトル処理費単価は南房総市の4倍近くなるとして
その差額を市の損害額として館山市はアンビ環境と金丸謙一個人に賠償請求せよとの
趣旨だという。
2008年度から2011年度までの4年間分についてはすでに住民訴訟になってい
るが、その訴訟につづいてあらたに2012年度分も住民訴訟になったということだ。
金丸市長のコメントは「訴状がきてないのでノーコメント」だ。

違法な随意契約で他市の4倍の価格で契約していたのだから、その分、市の財政から
無駄な出費をしたことになるから、契約をした金丸謙一及アンビ環境が賠償責任をと
るのは当たり前のことだ。

すでにおこされている訴訟が6000万円、今度の訴訟が2000万円、合わせて
8000万円にもなる。

随意契約はペットボトル処理だけではないから、館山市の随意契約を全て見直せば数
億円規模のムダづかいがでてくることになるのかもしれない。

特定業者と癒着して随意契約で不当に高額な契約をするなど市民の税金をほしいまま
に無駄遣いするなど許せないことだ。

裁判の進行経過に注目したい。まだまだ問題がでてきそうな気がする。
175:利根っこ(2013/06/13(木) 17:32:56 ID:+JwTJweg)
ペットボトル問題 第二次住民訴訟へ 館山、監査請求棄却で

館山市のペットボトル処理をめぐる問題で住民3人が10日、昨年度の随意契約は高額で違法性があると
して、市に対し損害分を業者に請求するよう求める訴訟を起こす考えを明らかにした。

元市議の神田守隆さん(64)らが会見。神田さんらは今年4月8日、昨年度のペットボトル処理業務委託
の随意契約は「随意契約ができる場合に該当せず、契約額が不当に高額」とし、本年度分の制限付き一般
競争入札も不公正だとして同市監査委員に監査請求を行っていた。請求は6月7日に棄却された。

神田さんらは監査結果を不服として、棄却から30日以内に千葉地裁に住民訴訟を起こす考え。


http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/141539
174:fop(2013/05/17(金) 19:46:19 ID:4rM28ukQ)
被告準備書面を入手したので読んでみました。

被告が論点として押し出してきたのは、訴えは住民訴訟の期間制限を超えているので、不適法である、内容にはいらずに門前払いすべきだという点にあります。
被告が、「不適法なので門前払いとすべき」との論拠は以下にあります。

住民監査請求は当該行為から1年以内が原則である。ただし、当該行為が客観的にみて住民が知りえないやむをえない事情があると認められる場合は、1年を超えても許
される。しかし、それは、知りえる状況があった時から相当の期間内に住民訴訟をしておく必要があることだ。

本件は、平成20年度から23年度の契約を問題にしているが住民監査請求がなされたのは平成24年10月だ。

平成20年度の契約は平成20年度決算説明書等を見ればわかったことであり、平成20年度決算説明書が住民に公開されたのは平成21年度中だ。したがって、同年度
中には住民は当該契約について知りえたのであり、その時から相当期間内に住民監査請求をしたのであれば、ただし書が適用されるが、本件はそうではない。

同様に平成21年度分及平成22年度も同様である。平成23年度についてだが、支出を問題とするのならば一部が一年ルールで請求できるだけである。

したがって、平成24年10月の住民監査請求は、1年ルールのただし書に該当しない請求であるので、不適法な住民監査請求請求だと言う内容です。

そして不適法な住民監査請求を基にした住民訴訟は不適法だということですね。

それでは、決算説明書にペットボトル業務委託契約が随意契約であること、隣接市に比べて3倍の高額契約であったこと、3倍の契約金額の根拠が水洗いをしていること
にあることなどは、決算説明書をみれば、住民はわかるのかということになります。これは裁判官の判断がどうなるかということになります。

印象ですが、館山市の監査委員も適法に行われた住民監査請求だとしているにもかかわらず、ずいぶんと無茶な議論を吹っかけてきたという感じです。
住民は決算説明書が公開されているんだから、それらのことはわかったはずだというのは無理な議論だと思います。最終的には裁判官が判断することになりますね。
173:利根っこ(2013/05/14(火) 17:34:30 ID:8JMG9cFg)
第2回の裁判(口頭弁論)の内容教えて下さい。

□次のページ(9)
□最後のページ(7)
□書きこむ(8)
□トップページ(0)